風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS 共同通信杯とアンバーとビクトリアと

<<   作成日時 : 2007/02/01 17:10   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今週の共同通信杯は、なかなか面白いメンバーになった。

画像 フサイチホウオー
 現在 3 戦 3 勝。 競馬 ブック の馬体写真は コチラ
 勝ってはいるけど、いまいち信用できないのは アノ 気性。
 ソラ 使うし ヨレ るしで、父親の ジャングルポケット そのまま ( 笑
 これで、共同通信杯の直線、カメラ 目線で走ってきたら、笑うな。




画像 ニュービギニング
 こちらは 2 戦 2 勝。 競馬 ブック 馬体写真は コチラ
 ディープ の弟という事は、もう周知のとうり。 
 ホープフル S を兄貴のような捲り一閃で勝っているが、先行馬の超 ハイペース による漁夫の利という感じもする。
 この共同通信杯が、真価を問われる一戦だと思う。




この 2 頭に、地方から フリオーソ が参戦。 競馬 ブック 馬体写真は コチラ
ついに来たよ、ゴドルフィン が。
ブライアンズタイムに、ミスタープロスベクター 牝馬という配合は、ノーリーズン ( 皐月賞馬 ) と一緒。
ホウオー と同じ大型馬なので、直線の長い東京の芝をこなせれば・・・・



今年の共同通信杯は、楽しめそうだね。 ホウオー が勝てば親子制覇、ビギニング が勝てば、三兄弟重賞制覇、フリオーソ が勝てば、ダーレージャパン 中央初勝ち & 初重賞制覇。

本当に、面白そうだ。

もちろんその他にもこれだけ出走予定馬いるので、一概にこの 3 頭 で決まりというわけではない。


でも、人気になるのは、この 3 頭 ぐらいだと思うけどね。





その一方で、2 頭の名馬が死亡の ニュース。

アンバーシャダイ と ビクトリアクラウン。

アンバーシャダイ は、共同通信杯には出走しなかったが、孫の マイネルガーべ ( 母の父がアンバー ) が出走して、ナリタキングオー に負けている。

ビクトリアクラウン は、その アンバー と何度か対戦している。 共同通信杯など、牡馬 クラシック に絡む産駒はいないが、孫に昨年の オークス に出走した ブロンコーネ ( 母 ミセスビクトリア ) がいる。

画像 その ブロンコーネ も引退。 繁殖に上がった。
 日本の古い血統が続くのはいいけど、この血統の牡馬が残らなかったのが残念だね。
 ブロンコーネ が牡馬を産んで、それが種牡馬になれば・・・夢かな。




参考までに、アンバーシャダイ って、こんな馬です。


ライバル と言うほど、鎬を削る 対戦をしていないが、この 2 頭はよっぽど仲が良いのか悪いのか、腐れ縁なのか・・。 ほとんど同時に逝った。



方や 新しい血のぶつかり合い、方や古い血の消失。 世代交代と言えばそれまでだけど、なんだか感慨深くなる。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ビギニングは、今回が試金石となるレースだと思います。
じっくり、見てみたいです。

アンバーシャダイは、晩年までよく走りました。
何か、不思議な底力を感じさせる馬でしたね。
いい後継ぎが出来なくて残念ですね。
フセイン八木
2007/02/02 02:30
オーシャンエイプスが出てきた事で、豊の動向も気になりますね。ビギニングが共同通信杯でどんなレースを見せてくれるか。オーシャン以上のパフォーマンスを見せられるかですね。

アンバーはよく走ったし、繁殖成績も良かったんですけどね。カンファーベストが種牡馬入りする事を祈ってます。
ヨウ
2007/02/02 19:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
共同通信杯とアンバーとビクトリアと 風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる