風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS オーシャンエイプスに求めたもの

<<   作成日時 : 2007/02/15 17:18   >>

トラックバック 0 / コメント 2

自分の競馬の記事の カウンター が、3 ケタ になったのは久しぶりなのでで驚いてます。
日を追うごとに じわじわ伸びる記事もあるけど、短期間で 3 ケタ になったのは初めて。
その 3 ケタ になったのは、「オーシャンエイプス」 の記事。

それだけ、オーシャンエイプス の注目度が高かったのだと思う。

新馬を勝っただけの、1 勝しかしていない馬に、何故これほど注目が集まったか。

デビュー 戦を 8 馬身差の圧勝だったことと、鞍上の武騎手の 「大物」 発言から、マスコミ が 「ポスト・ディープ」 と持ち上げたから。

あちこちの ブログ や掲示板を覗いてみたところ、この 2 点が理由としてあげられていた。



はたして、それだけだろうか。


ディープインパクト が引退し、年明けから 火の消えた状態になった 中央競馬。 一部で 「ディープ・バブル」 と批評されたほどだ。 せっかく ディープ で盛り上がっていた売り上げを維持するべく、今年の J R A は 「競馬を ライブ で」 という キャンペーン を行っている。

しかし、売り上げは思うようにはいかず、J R A の各種 イベント にも、客の触手は伸びなかった。


我々が本当に待っているもの。 それがないからだ。

ディープインパクト のような 「強い馬」。 それが現在の競馬界にはいない。
では、ディープ のような馬がいればいいのか ? 。 それは否だ。

ディープ クラス の馬は、今後 1 0 年くらいは出ないだろうし、ディープ クラス が 一頭だけでも ダメ なのだ。

我々が本当に待っているのは、力の拮抗した馬同士の レース だ。



現在、3 歳牡馬戦線は、フサイチホウオー の一人勝ち状態である。 ホウオー に対抗する 第二勢力が、なかなか出てこない。 そこに飛び込んできたのが、オーシャンエイプス だった。

新馬の勝ち方、鞍上と 「花」 があった。 待ち望んでいた 第二勢力。 そして、ディープ の 「後継」 という期待。

ホウオー がこの 「後継」 を継げないのは、勝ち方に 「花」 がないせいだ。 父、ジャングルポケット、母の父 サンデーサイレンス で無敗。 十分 大 スター として持ち上げられても良いのだが、勝ち方が 地味。 ディープ のように後方一気の差し切りや、後続を突き放すという 派手さがない。
対して、オーシャン は 「派手」 だった。 マスコミ が喰らいつくのは当然だし、ファン だって飛びつきたくなる。

ディープ を見て、ディープ のような勝ち方を見てしまってから、言い方は悪いが我々は、一種の麻薬中毒のようになっている。 ああいう勝ち方を、無意識の内に求めてしまっている。

我々が、オーシャンエイプス に求めていたものは、ディープ のような 「派手 な勝ち方」 だった。


その期待を背負って、きさらぎ賞に挑んだが、結果は周知のとうり。 みごとに期待を裏切った。
「過大評価」だ。 まず、こういう批判が上がった。 だが、最初に 「評価」 を下したのは我々。
単勝 1 番人気。 ほとんど一本かぶりの評価を出したのは我々だ。

我々は、オーシャンエイプス を見ていたのではなく、 オーシャン の フィルター越しに ディープインパクト を見ていただけだった。



強い馬を見たい。 その想いは ファン ならば当然だと思う。 ディープ に酔い、夢から醒めない ファン に、本当の 「評価」 というものは出し辛いと思う。 それは、競馬 サークル も同じ。 
マスコミ や批評家も、まだ 「酔い」 から醒めていない。

オーシャンエイプス も、運が悪かったと言えば それまでかもしれない。 しかし、走法にしろ、坂路調教の タイム にしろ、実力はあるのは確かだと思う。 次走は 若葉 S か毎日杯 の予定というから、この馬の真の評価は その レース で分かるだろう。



我々も、そろそろ ディープ の 「長い夢」 から醒めなければならない。
春の クラシック は、すでに動いている。 だからこそ、強い馬の出現が待たれる。




画像


今では 伝説 と化している、9 8 年の毎日王冠。 
サイレンススズカ ・ グラスワンダー ・ エルコンドルパサー の 「三強」 の 最初で最後の対決。

あの時の 熱狂 ぶりは、今でも覚えている。 馬券を度外視して、純粋に 「誰が一番か」 を見たい。 その想いで競馬場に集まった観客の熱狂。 強い馬同士の、雌雄を決する一戦。


こういった レース を、再び体験できるのは、いつなんだろうか。




20世紀の名勝負100 Vol.4 驚愕編




20世紀の名勝負100 Vol.4 驚愕編 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。私はディープには思い入れはありませんが(サンデーは飽きた)、エイプスには期待しました。ホウオーも嫌いではありませんが、シャドーロールって好きではないのです。名前もどうも……ジャンポケは好きですが。
エイプスやニュービギなどがまた頑張ってくれれば、今年のクラシックはもっと盛り上がるの思うのですがね、どうでしょうか。
関係ありませんが、風景No.9が素敵と思いました。場所を教えていただけると、とても嬉しいのですが。それではまた、失礼します。
syuku
2007/03/03 08:46
syukuさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

今の中央競馬は、バブル崩壊直後の日本のようですね。この落ち込みは一時的なもので、また「波」がやってくる・・・という夢を見ているみたいです。そこに飛び込んだのが、オーシャンエイプスだと思います。
今年のクラシックを盛り上げるためには、どうしてももう一頭くらい、強い馬が欲しいですね。JRAだけではなく、ファンも待っていると思う。
オーシャンの次走は毎日杯のようですから、それが試金石でしょう。

>場所を教えていただけると、とても嬉しいのですが。

すみません。このテンプレートは「ランダムテンプレート」と言いまして、選択すると、適当な風景(もしくは写真)が自動で着くんです。
ですから、この写真の風景の場所は、ユーザーにも分からないんです。申し訳ない。
ヨウ
2007/03/03 20:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーシャンエイプスに求めたもの 風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる