風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイワスカーレット フェブラリー S へ

<<   作成日時 : 2008/01/19 21:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像ダイワスカーレット、ドバイDF照準

ダスカ のドバイ への壮行 レース が
フェブラリー S に決まったようだ。



ダート が上手いかどうか試すのではなく、
「定量戦」 を狙ったのだろう。



京都牝馬 S ( GIII )、京都記念( G II ) と古馬重賞はあるが、どちらも別定戦。
ダスカ の場合、ハンデ 戦ほど斤量は増えないが、ある程度は背負わされる。

その点、フェブラリー なら牝馬は一律 55 キロ。


ここを狙ったんだろうな。






古馬牝馬の場合、春に向けての レース がどうしても限られる。 春の牝馬重賞が、ヴィクトリアマイル のみだからだ。
春に レース を使うとすると、どうしても安田記念か天皇賞を目指さなくてはならない。 

それに、年明けはどうしても 「明け 3 歳」が主役になる。 3 歳の レース が目白押しで、古馬の 重賞レース が土曜に回るほど。 

古馬がみな 「ドバイ、ドバイ と なびく」 のも うなづける。

昔から言われている事だが、古馬牝馬の レース 体系をもう少し見直してほしいものだ。
古馬牝馬の G I は、今のところ ヴィクトリアマイル と エリ女 だけ。

その春のヴィクトリアM にしても、前哨戦の レース で 1600M なのは京都牝馬 S だけという 「おそまつ」さ。


これだったら、もう存在意義のなくなった N H K マイル を廃止して、ヴィクトリア M を一週繰り上げて、オークス・ダービー も繰り上げて、安田と宝塚の間に 2000M〜2200M くらいの 牝馬限定の G I 作った方がいいんじゃないかと。


宝塚に参戦する 牝馬がいなくなるか減るかするけど、それでも面白い レース にはなると思う。






タイトル と、全然違う話になったな。






ドバイ の芝の レース に出るのに、前哨戦が ダート って、何だか今の日本の競馬を象徴しているみたいでさ。
ダスカ、出走するからには、いい レース を見せてくれるのかな。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり、そうなんですか。
ダートは走るかどうかは解りませんが、うまく走れずに、凡走で下位の着順になった時に、フサイチホウオーのように、精神的なショックを受けなければ良いのですが。
なんせ、スカーレットは、2着までしか経験がないもの・・・。
フセイン八木
2008/01/20 10:33
ぶっつけ本番では、馬にも負担がかかるし、ヴァーミリアンが川崎記念に回りましたからね。出すからには勝ち負けだと思いますが、まずは無事に回ってきてほしいです。
ダスカはホウオーと違って、気分屋ではないですから。むしろ、負けん気の強い女の子だと思います。有馬の直線を見ると、砂を被っても平気そうなくらいの気性の持ち主だと思いますよ。
いいレースを観たいですね。
ヨウ
2008/01/20 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイワスカーレット フェブラリー S へ 風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる