風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007 年度代表馬 決定

<<   作成日時 : 2008/01/10 18:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2007年度JRA賞が決定しました。




年度代表馬

アドマイヤムーン


画像


※天皇賞( 秋 ) のときの写真


アドマイヤムーン の投票数が 178 票。 2 位の ダイワスカーレット が 73 票。 もう少し接戦になるかと思ったが、天皇賞春秋連覇している メイショウサムソン を、 宝塚と J C で 2 度負かしているからだと思う。 
有馬記念での ダイワスカーレット の評価が低いのは、J C の方が レース の レベル が高かったからだろう。

まぁ、これはしかたないかな。





画像最優秀 2 歳牡馬

ゴスホークケン





※朝日杯のときの写真






最優秀 2 歳牝馬

トールポピー

※写真 ナシ




これはほとんど、自動的だしな。 毎度思うけど、この部門って意味あるんだろうか。
昨年ちょっと話題になったけど、新潟とか福島あたりで かなりの血統馬が早々と デビュー したのはいいんだけど、その後 「来年の クラシック に向けて」 これまた早々と休養に入る。
馬主にとっては、早々と賞金を手に出来るし、勝ち鞍を上げられて ホッ・・・なんだろうけど、ファン は シラケるよ。

本当に強い 2 歳馬の出ない G I って、どうなんだろう。 以上、グチ でした。






画像最優秀 3 歳牡馬

アサクサキングス


※皐月賞のときの写真












画像最優秀 3 歳牝馬

ダイワスカーレット


※有馬記念のときの写真










牡馬は キングス になったけど、該当馬 ナシ の票が 30 もあった。 まぁ、これを見ても昨年の牡馬が 「不作」 だったと伺えるね。
牝馬はやっぱり、ダスカ になった。 ウオッカ がなぁ、宝塚から ケチ がついたみたいで、精彩を欠いたし。 J C は ゴール 前は 「おっ」 という活躍だったけど、ダービー のような勢いがなかった。
ダスカ の場合は、有馬で 「兄ちゃんの跡継ぎ」 のような レース が出来たし、今年が楽しみ。
この結果は、しかたがないな。






画像最優秀 4 歳以上牡馬

アドマイヤムーン



※ J C のときの写真










画像最優秀 4 歳以上牝馬

コイウタ



※オークス のときの写真










牡馬部門も、ムーン が取った。 あくまでも 「 J R A 賞 」 なので、海外での成績は加味されないはずだが、やっぱり 「日本のものさし」 の メイショウサムソン を 2 度負かしていることが大きかったのだろう。
牝馬部門は、「該当なし」 との接戦。 この部門も、昨年は 「不作」 だったということ。 しかし、今年は ダスカ と ウオッカ が盛り上げてくれるはず。 コイウタ には可愛そうだけどさ。






画像最優秀父内国産馬

ダイワスカーレット

※写真 左


最優秀短距離馬

ダイワメジャー

※写真 右
 有馬記念のときのもの




ダスカ も、3 歳部門と二冠。 ただ、「父内国産」 競走が廃止になるので、この部門もこれで ラスト ? 。 
ダメジャ は 2 年連続の受賞。 毎度思うけど、スプリント と マイル に分ければいいのにな。






画像最優秀ダートホース

ヴァーミリアン

※写真は皐月賞のときのもの









前年の受賞馬 アロンダイト が不調のため、ヴァーミリアン の一人勝ちのような ダート界。 クロフネ のような派手さはないけれど、ここも 「不作」 なので何とか彼に盛り上げてほしいと思う。 もう一頭くらい、骨っぽいのが出てくれないかなぁ。





最優秀障害馬

メルシーエイタイム

※写真 ナシ



昨年の障害戦は、意外なくらい面白かった。
テイエムドラゴン、コウエイトライ、そして メルシーエイタイム。 この 3 頭。
三つ巴の直接対決は、たしかなかったと思う ( 間違ってたら スマン ) 。 ただ、顔を合わせる度に、まったく違う結果を見せた。 レース もなかなか スリリング な展開があったりと、この 3 頭のいずれかが出走すると、内容も面白かった。
今年は障害戦から目が離せないな。





画像特別賞

ウオッカ

※写真は ダービー のときのもの













画像特別賞

メイショウサムソン

※写真は天皇賞 ( 秋 ) のときのもの









特別賞が 2 頭。 昨年の混沌が伺える。 ウオッカ の場合は 64 年ぶりの 牝馬 ダービー 馬という偉業だし、サムソン は 天皇賞春秋制覇だし。 「賞 ナシ 」 は キビシイ との判断だろうな。 まぁ、分かるけど。











受賞馬をみると、「苦しい選択だったのかな」と思ったんだけど、投票結果を見ると、意外と大差がついているものもある。 ここが、ファン と 競馬 サークル の違いというか 「差」 なのかな。






今年こそ、ダスカ や サムソン を脅かす 大物が出てほしいと思うんだけど、出るかな。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スカーレットは残念でしたが、3歳牝馬でウオッカと差が大分付いた事で溜飲を下げました。
昨年も言ったけど、ダメジャーは短距離馬じゃないよね。
最優秀マイルを造るべき。
JRAは、折角距離別体系を造りあげたのだし、3歳にも1600mのG1もあるから、そこから、マイルCS狙う馬もでるかも知れないし。
(もし、サッカーボーイが居たら、きっとそうすると思う。)
いわゆるマイルだけで、一つの世界ができる筈だから・・・。  
フセイン八木
2008/01/12 12:29
最優秀短距離は、もう昔からスプリントとマイルに分けるべきという意見が出てるんですがね。JRAも本当に頭が固いと思います。
サクラバクシンオーとニホンピロウィナーが、未だに同じに見えるんでしょうか。そう思うと悲しいですね。
ヨウ
2008/01/12 19:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007 年度代表馬 決定 風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる