風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS アグネスタキオン 急死

<<   作成日時 : 2009/06/23 22:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

種牡馬アグネスタキオン号が死亡〜JRAホームページより〜

今朝、携帯の ニュース で知った。 2001 年の皐月賞馬 アグネスタキオン が急性心不全で死亡した。

ノーザンテースト のように バンバン 子供作って バンバン G I 勝って、自分自身も長生きして大往生・・・かと思うと、サンデーサイレンス のように バンバン 子供作って バンバン G I 勝ったはいいが、自分が息切れして年上の ノーザンテースト より先に逝くという事もある。


タキオン も親父と同じように、まだ活躍できる若い年齢で逝ってしまった。




タキオン と言えば、ラジ短や皐月賞を思い出す人が多いと思う。 

しかし彼が一番強い パフォーマンス を見せたのは実は、報知杯弥生賞 だ。


当日は朝から雨が降り、前日まで良かった馬場は時間と共に悪化。 8 R でようやく上がったが、芝は不良まで悪くなった。

弥生賞は 8 頭と小頭数ながら、フサイチコンコルド の弟で、父がサンデーサイレンス に変わった ボーンキング 。 安田記念を勝った ノースフライト の仔 ミスキャスト 。 血統の マジック か、その当時子孫が爆発的に走った ファンシミン の一族 ダイイチダンヒル等、内容の濃い メンバー だった。

レース は 、メジロパーマー の仔 デルマポラリス が逃げ、タキオン ・ ボーンキング が続き、そのままの流れで 3 コーナー まで迎える。 
馬場が緩く、芝が上滑りする最悪の状態に、各馬は 脚を取られて スピード に乗れない。 しかし、タキオン だけは後ろ脚を ズルズル 滑らせながらも、デルマポラリス ・ ボーンキング を楽々かわして行く。

トモ が流れて、4 コーナー では転びそうな格好だったが、直線で後続に 5 馬身差の圧勝。
一頭だけ次元が違っていた。



画像


                            弥生賞 ゲート 後方にて












画像


                             4 コーナー の攻防











今でも タキオン の レース と言うと、弥生賞しか思い浮かばない。 それほど印象深い レース でした。

来年生まれて来る子供達が、最後の世代になる。 サンデーサイレンス の直仔が ターフ から消える頃、タキオン 最後の世代が走るということか。


ご冥福を祈ります。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アグネスタキオン 急死 風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる