風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔の自分に 5 ( S F ? 編 )

<<   作成日時 : 2009/08/30 21:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

おまたへ。 ( 誰も待ってませんがな )

S F 編だす。 まずは コチラ







劇場版公開後に始まった、テレビ 版。 これを見ると思い出すのが K 君 ( 名探偵 コナン、ブリーチ 作監 ) 。
オイラ が動画用紙の切れ端に レンズ 描いて切り抜いて、手の甲に貼って 「 ホイ、レンズマン 」 とやっていたら

あぁっ !! 俺いま ソレ やろうと思ってたのに !!

と、後ろで叫んだ K 君。 マテ・・・君そんなに フリーク な キャラ だったか ( 笑

いやそれは別として・・・。 レンズマン が仕事として飛び込んで来たのは サプライズ だった。 別系列だったから。
昔は系列というものがあって、サンライズ 系列 ・ 日 アニ 系列 ・ 東映系列 等など。 その系列の垣根を越えて、仕事が来るというのは稀だった。

レンズマン の劇場版が評判になっていた頃だったから、オイラ 達は歓迎だったけどね。 C G 合成があったとはいえ、なかなか面白い仕事していたから、どんな感じの仕事が来るかなと期待していた。
来たのは、日本の アニメ らしい動画だったので、みんな喜んだ。 ひょっとしたら、合作 アニメ のような ヒョコヒョコ した動きなのかな・・・と心配してたから。

この仕事は楽しかった。 原画さんの仕事が面白かったから、勉強にもなったし。 たまには、違う系列も楽しいなと思った。










最終回近くの数話、流れてきた仕事。 かなり スケジュール が キツ かったようだ。

原画が ヒド くてなぁ・・・。 後のこと ( 動画へ回ること ) を考えてなくて、原画を読み違えたら ( 原画を見て、原画が求めている動画を読み取る ) 動きが悪くなるものばかりだった。 読み違い、間違いやすい原画が多かった。

人間の リアクション を頭に入れていない原画があって、「ココ、入れなきゃ マズイ だろ」と、アドリブ で動画を入れたこともあった。 枚数は ( 動画枚数 ) 増やさず、決められた枚数で リアクション 入れた。

この作品自体、動画枚数の制限が厳しかったから、原画さんも苦しかったのかもしれない。 それが原画の乱れになったのかも。 O P の スタッフ 見ると、けっこう豪華。 O P 、E D くらいの クォリティー があれば・・・。 特に E D 、ウイングマン の羽が パース 狂わないし形も崩れない。 原画さん、動画さんが シッカリ している証拠。 これがあればなぁ。

まぁ、もう終わったことだし、いいか。














甲冑娘の回のみ、ピンポイント の仕事 ( 笑

スタジオ ぴえろ の仕事の中で、「うる星」 は孫請には出さないといのが、有名だったのだが・・・。 どういう訳か回ってきますた 「うる星」の仕事。
これと同時期でしていたのは 「 魔法の妖精 ペルシャ 」 だった。 どうやら、「ペルシャ」 の仕事の出来が良いので、力試しの意味で 「うる星」 を回してきたらしい。

確かこの後に、O V A の 「 エリア 88 」 が来た。 

「うる星」 自体、あまり難しい仕事ではなかった・・・と言うより、簡単な カット しか回ってこなかったが、線の処理 ( トレス 線の処理 ) に気を使った記憶がある。 柔らかい線、硬い線の描き分けやら、色 トレス・色塗りを丁寧にしたりとか。 動きの確かさもあったが、仕上げを キチン とやった。

甲冑娘が走る カット とか、池の中に落ちる ( ? ) カット とか。 「ラム ちゃんの カット が欲しい」 と言いながら、回って来た カット を受け取ると、 「うる星だぞ !! うる星だぞ !! 」 と、みんな気合入れながらやっていったけ。

ホント に ピンポイント だったけど、参加できて良かった。











遊びに行ったら、手伝わされますた。 以上 !! ( え・・・コレ だけ ? 笑 )











3 カット だけ・・・という約束が、来るわ来るわの 「 アキラ 」。

これも 1 カット、複数で仕上げた。 絵の密度が マジパネー ッス !!。 

ラスト 近くの シーン ばかりで、動画の枚数も多い、セル 数も多い、グロ いの多い ( 苦笑
F ちゃん ( けんぷふぁー キャラデザ ) が、「クマ さんが飛んでくー !! 」 と若干 ハイ になりながら動画やってた。
( クマ のぬいぐるみが瓦礫に混ざって、主人公の後ろを飛んで行く )

映画公開まで間がないということで、ダッシュ で仕上げた仕事。 あまりに早かったので、相手が驚いた・・・とは、後から聞いた話。







銀河英雄伝説。 いい映像がなかった。

まぁ、これは正式な仕事ではなく、海外に出した作業の修正 ( 彩色の リテーク ) だった。

動画 マン、原画 マン が、彩色の修正作業に入るとはな・・・思ってもみなかった仕事。





まだ・・・ある。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コメおまたへ(こちらこそ誰も待ってまへんがな
お待ちかねだったんですよぉー。でも遅くなりましたぁー。

レンズマンは…スマン、ノーチェックだす!
なんかあらためて見てみたい気はします。

ウィングマン懐かしす。ドリムノートはソノウソホントなんだからズバリ書けばいいのに…と子供ながらに思っておりました。が、それではあまりにもロマンが無さ過ぎるかなw

うる星リンク切れ…
うる星は長く続いたシリーズだから絵でも音でもいろんな冒険や発明があったよね。あの堂々としたパロディ作画はもう無理だよね。

ラムネキターーー!!あの恥ずかしさ満点なOPはなんとも言えず。
中盤以降というか続編以降のワルノリの勢いが好きだった。この時代、90年代って特に作画が酷かったという認識なんですよアタクシ。このころから海外発注が目立ってきたと思いますが、今はみなさん上手ですよねー。

AKIRA…変態作画アニメキターーー!!!www
モブシーンと背景動画でおなかいっぱいです。これで女の子が可愛かったらなぁw
作画の異常っぷりも勿論ですが、オイラ的にはこれでサラウンドに目覚めました、罪な作品ですw

銀河英雄伝説は、確か最初のシリーズをTV放送しててそれは視たような。今だったら普通に面白く視れそうだがな。
仲間内では、宇宙空間なのに平面戦闘なんでだろ?とか言ってたが立体空間にしたら作画が面倒だろしかし!
UKIUKISAN
2009/09/07 20:33
うる星、新しいの貼ってみますた。(リンク切れしているのに気づかず)
最初は「好きよ好きよ」のヤツ貼ってました。

こうして改めて見ると、クオリティーばらばら加減が何とも(^ ^ ;
ラムネの場合は、一本まるごとのグロスだったし、作画監督も同じスタジオ内だし、崩れようがないね。まぁ、あの仕事はイレギュラーのイレギュラーだから(笑

アキラもなぁ。ハンパなかったね。分厚い設定資料が同時に来たときは、「何が始まるんだ?」と思ったけど、フタを開けたらアレですよ(汗
や・・・だけど間に合ってよかった。

>女の子が可愛かったらなぁw

大友氏は美人が苦手だからねぇ・・・

>あの堂々としたパロディ作画はもう無理だよね。

出来そうな気はするけどね。

レンズマンは原作と違うらしいね。ただ、枚数省略しつつダイナミックに見せる作画が面白かった。原画さんがしっかりしていた時代だったから、動画をやっている人の勉強になる。キャプ翼と同時進行でやっていたから、原画の差(力の差)が面白かったな。

>宇宙空間なのに平面戦闘なんでだろ?

ダメ!!それを言っちゃあ・・・(爆
ヨウ
2009/09/07 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔の自分に 5 ( S F ? 編 )  風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる