風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔の自分に 6 ( これで最後 )

<<   作成日時 : 2009/09/04 21:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

とりあえず、これで ラスト








話数はちと忘れた。 ただ、仕事で回ってきた時は、「赤い風船」 という表題だったと思う。 実際に オンエア するとき タイトル を変えたというのを聞いている。

演技の指示が細かくてさぁ。 ただ歩くだけの動画でも、頭の上下動の幅、足の運びとか何度か リテーク ( やりなおし ) 食らった。
戻ってきた動画には、注意書きが必ずあって、ハドソン 婦人の歩きについて 「上下動をもっと微妙にして下さい。 これでは 『 ルンタッタ 歩き』 です」 と、こんな感じのもの。

他の アニメ なら、このくらいの上下幅で問題ないんだけど、「ホームズ」に関しては演技指示が ハンパ なく細かいというか、神経質なほどこだわっていた。

「これはちょっと、今までの考え方では ( 仕事を ) こなせないぞ」 と皆が緊張した。 この仕事は、ものすごく神経使った。 仕上げた動画を、何人もの目で チェック して、気づいた所があったら修正。 制作進行に手渡すまで時間かけたっけなぁ。

宮崎作品・・・といえるのかな? 。 ちょっと厳しいかったけど、いい思い出です。







O P がなかった & きれいな画像がなかった。

「長い線、一気に引けますかぁーっ?」 ( 笑

こういう簡単な絵だと、楽そうだなぁ・・・と思うでしょうが、実際は コッチ の方が難しいときもある。 Q ちゃんの場合は、設定資料に 「頭の中に風船が入っていると意識して描いて下さい」 と注意書きがしてあった。 Q ちゃんという 平べったい デザイン を、いかに立体的に描いていくか。 それには描く側が常に 「立体 」 として Q ちゃんを見なくてはならない。 

原画・動画が意識しないと、こういうものって あっという間に・・・なんです。

これも コンスタント に流れてきた仕事。 Q ちゃんの アップ 等、トレス 線 ( 仕上げの実線 ) の腕が試される。 長い曲線を、自在定規のような道具を使わず、フリーハンド で描けるかどうか。 また、やむなく曲線の途中で線が切れる場合、線のつなぎ目が分からないくらい、キレイ に繋げられるか。 ( トレス 線の息継ぎと自分は呼んでました )

動画にしても、Q ちゃんの足元で、布 ( ? ) に隠れてみえない膝を、どのへんに想定するか・・・等など。

以外と、こういう デザイン の方が いろいろ考える。 ラーメン を美味そうにすすらせるには、チュルン と入る瞬間の一本をどんな風に躍らせるか・・・とか。 いろいろ考えて、いろいろ試した楽しい仕事でした。









再生まで、とっても時間かかるので覚悟する ヨロシ ( 笑


あったよ、オイラ たちの担当 シーン !!

清掃車 ( ? ) に追いかけられる シロツグ。 この映像では後半部分です。
鉄道の駅構内に入ってから、清掃車に追われる カット。 オイラ たちの仕事です。 改札を シロツグ が飛び越える カット は、確か O 君か S 君 だったか・・・。 とにかく、この シーン 一連は 紛れもなく オイラ たちの 「お仕事 」。

この シロツグ の スカート が面倒くさくてさぁ。( 笑

短い秒数の連続にもかかわらず、動画枚数、セル 数が多かった。 D か E セル まであったと思う。 とにかく、1 カット 一人で仕上げるのは無理だったので、セル 別で分けて作業した。 シロツグ だけでも、動画全体を前半と後半に分け、最後につなげるという作業。 追ってくる清掃車も同じ。 動画の ラフ が上がった後、5 〜 6 人で仕上げの トレス ( 清書 ) をして、色 トレス の塗りは手の開いている者に手渡すという感じ。

オイラ は シロツグ の後半を割った( 動画 )。 前半と後半をつなげる動画は友人がやった。 これも時間がなくて、最終の動画 チェック は先輩に任せきりだった。 ビデオ で見たときは・・・「よかった、修正入ってない!! 」 ( 笑

劇場版って、大抵細かいものが多いけど、これもさ、何だろ・・・達成感が ハンパ なかったな。 興行的には足りなかったけど、やって良かったと思う仕事でした。









美味しんぼ・・・。 伊万里の大皿を、色 トレス で全部描いた。 この一枚の画を描くのに 3 時間 ( 滝涙

とにかく食材と料理は実線が少ない ( 鉛筆で描く部分が少ない ) 。 ほとんど色 トレス ( 汗
で、来る カット 来る カット、その料理のものばかり。 まるで、「手間のかかるものは下請け ( 孫請け ) に流せ」 と言ってるみたいだった。

最初、制作は虫 プロ の予定だったが、都合により エイケン へ。 それがまた都合により シンエイ 動画に。

だったと思う。 何だか ドタバタ していて、スケジュール が パネー !! だった ( 汗
先にも書いたけど、料理の カット が写実っぽい演出指示だったから、描く方も仕上げる方も大変だった。 セル に色を塗る彩色さんが、悲鳴を上げていた・・という ウワサ まで出た。

ただ、ここまで食材 ・ 料理を忠実に描いた作品はないと思う。 C G 使ってないんだよ ? 。 みんな手描きだよ。 
あまりに細かくて、腱鞘炎起こしている手が 突っ張ったなぁ。 ピリピリ って ( 笑







画像がなかった & 良いものがなかった
T V
ガラス の仮面 ( エイケン版 )
つるぴか ハゲ 丸くん
ジャングルブック少年モーグリ
OH ! ファミリー


O V A
エリア 88 ( ACT 1・2 )
デジタルデビル女神転生
戦え イクサー 1 !!
アウトランダーズ


劇場版
ハットリ君&パーマン「忍者怪獣ジッポーとミラクル卵」
黒い雨にうたれて


合作
G I ジョー ( 日本タイトル 地上最強のエキスパートチーム GIジョー )
センチュリアン
サンダーキャッツ
レインボウ


ゲーム
ゲーム F X


まだあると思う。 自分が忘れているだけで。 特に合作はこんな数じゃなかった。 タイトル の分からないものがかなりあって、ロボット ものだったり、宇宙人ものだったりと けっこう イロイロ あった。 

でもまあ、こんなものかぁ。 あまりやってないな・・・。 ま、オイラ この程度です (^ ^ ;A












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、ご無沙汰してます。
王立宇宙軍は、劇場へ見に行きました。その後、TVでオンエアされる時はできるだけ見、レンタルやさんで見かけた時にも借りて・・・え、買えって?(笑)
とても好きな作品で、今でも好きですが、そうですか、あのシーンですか。改札を飛び越すシーン、いいですよねぇ〜。
殆ど頭に入っちゃってるのに、ついついもう一度見たくなる作品です。
因みに、ロケットの原理について解説する場面が一番好きです。ほんっとわかりやすい。見た瞬間、「すごい!」と思いました。
う〜さん
2009/09/05 15:58
う〜さん、こんばんは。お久しぶりです。
王立の仕事は、どうやらガイナックスに入った先輩から、下請けを経由して自分達の所へ流れてきたようです。信頼してくれるのはありがたいですが、期限が 3日しかなかった(笑
とにかく、手の開いた順から手伝いに入ったので、この頃は全員徹夜でした。シロツグのスカートにしても「省略はしないで下さい」との注意書きまであり、細かかったですね。でも、あの時は全員がひとつになる感じで、甲子園の決勝戦のようなムードでした。ものすごくハードだったけど、達成感が心地よかったです。
普通、アニメの仕事はカットがバラバラで入ってくる事が多く、同じシーンでカットが連続する事は稀です。が、この仕事だけはシーンごと来ました。

>改札を飛び越すシーン、いいですよねぇ〜。

原画がキレイでした。動画を振り分けるときに、一番上手い人に渡されました。ちょっと難しいポーズが一箇所あるので、デッサンをキチンと取れる人じゃないと仕上げられないから。改めて見ると、やっぱり上手い。原画もキレイだけど、動画もキレイなのは、しっかりした人が担当しているからです。

>ついついもう一度見たくなる作品です。

そう言ってもらえると、ちょっとだけ参加でもウレシイです(^ ^ ゞ
アニメ史に残る作品(なのかな?)に、ほんのちょっとだけでも参加できて、よかったと思います。
ヨウ
2009/09/06 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔の自分に 6 ( これで最後 ) 風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる