風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS オグリキャップ 逝く

<<   作成日時 : 2010/07/03 22:37   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像オグリキャップが死んだ 日刊スポーツより

芦毛の怪物オグリキャップ死亡 サンスポより


右の写真は オグリ の引退式のもの。














今思うと、何故あんなに熱狂したのか分からない。
団塊世代に登場した ハイセイコー とは違って、バブル 絶頂期の バラ 色の時代。 

最初の ニックネーム は 野武士。 二年目からは アイドル。

まったく逆の あだ名がついた馬。

中央の エリート を打ち負かすのに酔いしれたか・・・・・・・否

クラシック 登録がなく、裏街道を進むしかなかった姿に同情したか・・・・否


ただただ強かった。 それに惚れた・・・・・・それが熱狂を生んだ。 そう思う。

挫折があった、大逆転があった、届きそうで届かない 『 夢 』 があった。
オグリのレースを語るには、この一行で十分。

だから去るのがたまらなく寂しかった。 年齢には勝てない。 人生の宿命。

人と重なる所がある馬は、人気者になる。 強くても弱くても。

オグリは強かった。 だけど上手くいかない時もあった。 人間くさい馬だった。





逝っちゃったんだなぁ。  またひとつ、時代が消えてしまった。






ご冥福を祈ります。















オグリキャップ 魂の激走 [DVD]
ポニーキャニオン
スポーツ

ユーザレビュー:
元気と勇気の源です。 ...
何年経っても色褪せな ...
オグリは凄い☆オグリ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ヨウさんは引退式をご覧になったのですね。
残念ながら、オグリの試合(あの引退試合の有馬記念ですら)をTV観戦していなかった私でも、突然の悲報に遣り切れぬ気持ちです。老衰ではなく、放牧中の転倒骨折に因る*安楽死*ですから。しかも骨折・・・痛かった事でしょう。25歳なら未だ生きれたはず。天寿を全う出来なかった事が、種牡馬として功績を残せなかった彼の悲哀とダブリます。現役時代に生涯分の運を使い果たしてしまったのではないかと想ってしまいます。数年前牧場見学をした際、牧場の方のご好意で一緒に写真を撮れた時、つい傍に寄った私を見たオグリの穏やかな顔と仙人の様な佇まいが印象的でした。
今は天国で安らかに・・・と願わずにはいられません。
プルタブ
2010/07/05 14:38
有馬の翌年の、東京開催が引退式でしたが、当日は仮柵がスタンド側の C コース ( 観客の評判があまりに悪いので、現在は仮柵が内側 C のみ使用されてます )。
馬場内は全てマスコミや関係者。しかも数が多く非常に見辛かった。それでも大勢が集まって、オグリの人気の高さが窺えました。
放牧地での骨折が重度のものだったのでしょう。安楽死の処置は正しかったと思います。種馬として成功はしなかったけど、競馬に多くの若いファンを連れてきてくれた功績は残ります。何より、現在でも続く『グッズ』を最初に出したのもオグリですし。「これはオグリキャップというスーパーホースから始まったんだよ」と語れますしね。
牧場見学に行かれたのですか。自分は未だ北海道の牧場は行ったことがないので羨ましいです。
牧場でのオグリはリラックスしていたのでしょう。一昨年、東京競馬場にオグリが来たときは、ものすごくヤンチャでした。競馬場の雰囲気にテンションが上がってました。牧場だと仙人のような感じなのですね。

オグリ、お疲れ様でした。安らかにと声をかけたいですね。
ヨウ
2010/07/05 22:10
ご返事が遅れましたが、私も一昨年の東京競馬場来場のオグリの*やんちゃ*ぶりに、「流石名馬、競馬場に来ると現役時代を思い出すのか・・・。」と感心していたら、ある競馬雑誌のコラムで「大事を取ってJRAから獣医を付けていてその治療の中の薬でハイテンションになっていた。」と書かれていて複雑な気になりました。JARはこの土曜に全競馬場のメインを追悼競争とし、追悼イベントや献花と几帳台を設置するそうですね。一般参加可の「お別れ会」も7/29(木)に行われるとか。今更ながら、オグリの偉大さを皆再確認した感じです。某週刊誌に「不遇」記事も掲載されていましたが。彼が生きている間にもう少し何か出来なかったのか?と悔やまれます。オグリやサンデーサイレンスやシンザンと、7月は歴史的名馬が亡くなる事が多い気が・・・。近年情報の無いシンボリルドルフが心配です。
プルタブ
2010/07/09 10:42
オグリが東京競馬場に来た時は、高齢という事で獣医付きだったそうです。行きも帰りも函館で一泊でしたが、体力の問題ではなく大事を取っての事で、それだけオグリを丁寧に扱ってくれたのだと思います。ブームの立役者ですから。牧場での事故は残念ですが、生物ですから人がどんなに神経使っても、起ってしまう事はあります。ですが、人に愛されて見送られるのですから、オグリは幸せ者だと思うのです。追悼レースはありがたいですね。
ヨウ
2010/07/10 13:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
オグリキャップ 逝く 風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる