風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS モブサイコ 100 # 1

<<   作成日時 : 2016/10/15 21:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

毎夜、悪霊の夢にうなされる花子は除霊してもらうべく 『 霊とか相談所 』 を訪ねた。 ゴキブリ に驚いて天井に頭が刺さった男の悪霊の話を、どこに相談しても取り扱ってもらえなかったが、相談所の霊幻新隆だけは信じてくれたのだった。




ブルーレイ、密林から届いてしばらく堪能してますた。 久しぶりに アニメ の ブルーレイ 買っちまったよ ( 笑

見るのに夢中になってて、レビュー 忘れてた ( ^ ^ ; A



冒頭、いきなりの バトルシーン。 原作既読者から 「なんだ コレ 」 の感想が多かったけど、コメンタリー 聞くとちゃんと意味あったんだね。 納得。
しかし無駄に動くなぁ ( 褒め言葉 ) 。

エフェクト の方に目が行くけど、 モブ の動画が凄いね。
真っ黒な カゲ の人物だけど、平べったくないでしょ。 アニメ ならお約束の カゲ という記号がない真っ黒状態だから、デッサン がしっかりしてないとね。 動画部分でも立体をきちんと意識して仕上げてあった。

「 アニメ なんだから、立体的に描くのは 当たり前だろ 」 と思うだろうが、最近、平べったく描いてしまってる物が多い。 線の処理だったり デッサン 取れてなかったり、動画検査でもすり抜けてしまったり。
人物影や線の助けがない真っ黒な人物を、立体的に動かせるって、しっかり描ける証拠。 この シーン 担当の原画さんの確かさがわかります。 しかし凄いね、この シーン。


ビル の中で モブ が悪霊を除霊する カット。 悪霊に手をかざしてからの背景動画入りの回り込み。 

背景動画も最近は C G で作る時代だけど、この会社は手書きに拘るね。 こういう動画を作れる人もだんだん減ってきてるから、こんな感じで グリグリ 動かされると嬉しいな。

背景付きで動かす場合、その背景 ( この場合は建物内 ) の把握と人物の位置関係を頭に入れ、尚且つ自分が カメラマン だった場合、カメラフレーム の中でどう移動していくかを思い描きながら作画する。 とんでもなく面倒くさい作業です。 少しでも狂うと、その画面の中に人物が乗ってる感じがしないしな。 この立体的な動きを、紙の上に描くんだよ。 原画さん、上手すぎです。



モブ が体育の授業 ( ? ) で サッカー をする カット。

バテ て後ろ向きから振り返って、ボール を追いかける動画。 この一連の動き、モブ の運動 オンチ がよく分かる上手い動画なんですが、この最後の振り返ってからの動画が一番上手い。 モタモタ して少し足が縺れる。

振り向いた後の最初の一歩目。 手前を同級生が通過して見えづらいですが、左ひざの位置と踵の位置。

普通、人間の走りの動画の場合は地面を蹴った足が尻の近くまで上がり ( 動画 2 ) 、次の動画で体の前へ振り出し ( 動画 3 ) 最後は地面に着地 ( 動画 4 ) します。

この モブ の動画、蹴った足を高く上げてないのが ミソ。 踵の位置を低くし、膝も軸足に膝の位置まで持ってこない。 こうすると スムース ではなく モタ つく感じになる。 よく子供の作画で走りの動画を作るとき、膝を前に出させない ( 膝の振り抜きを浅くする ) と子供らしい走りになる。 まだ十分に体を使えない子供らしい動画になります。 モブ の動画はその前の動作ですが、それに近いですね。 よく動きを研究した上手い作画でした。



影山家の食事 シーン。 オムライス の作画と動画。

スプーン で切ってすくう。 手の動画、拘るねぇ・・・ ( 笑
作画の打合せで丁寧にって指示なんだけど、作画担当もよく観察できてるよなぁ。 実践したのかな。 しかしこの会社は食事 シーン に拘りを持ってるね。 「黒の契約者 」 の食べ物や食い方も作画が丁寧だった。 食べ物に関して執念・・・いや、情念を感じるのは自分だけだろうか ( 笑
モブ の父親が オムライス を スプーン で寄せてからすくうのは笑った。 どこまで パーソナル 拘るんだよって。



原作既読者からあまりいい印象じゃなかった霊幻の百面相。

面白いけどな。 作画する方としてはいろいろ描けて楽しいけど。 これだけ崩して作画してもいいという事は、制約が少ない証拠。 「こんな描き方はどうだろう 」 とか、試せるよね。 描く方も自分の引き出しが増えていいよ。
試せる機会って、なかなかないからさ。
しかしまぁ・・・・作画担当、楽しそうだな。 線に楽しさが乗ってたよ、どの霊幻の変顔も。

霊幻が手を パパッ と動かす仕草も。霊幻という キャラ の記号としてるんだな。 これも カット ・ カット で担当の原画さんの センス が出てて面白かった。 パターン が複数あるって、担当者の個性が分かって楽しい。

もう最後まで見ちゃってるんで言えるけど、スタッフ は霊幻好きなんだな。 芝居のつけ方とか百面相とか、これだけ好きに作画できる キャラ も珍しい。 霊幻出ると、作画担当の力の入れ方が変わるんだよな。 ホント、笑ったわ・・・。


最後に、円盤の オマケ の ドット ・ アニメ は作画を見るのではなく声優さんの演技を楽しむものだね。 1 ・ 2 話の後日談を コミカル に仕上げてます。 声優 ファン にはたまらないかも。

オーディオコメンタリー も面白いです。 オープニング の タネ 明かしとか、モブ 役の声優さんの 「 二毛作 」 とか、楽しかった。 メニュー 画面の エクボ を見ると・・・・・何となく予感が・・・・・。







さて、明日は 2 話の レビュー だ !!!! ( と、自分に プレッシャー をかける ・・・笑 )











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モブサイコ 100 # 1  風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる