風 遊

アクセスカウンタ

zoom RSS ダービー が終わった 【 雑感 】

<<   作成日時 : 2017/05/29 21:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

ダービー が終わりました。

お祭りがひとつ終わったな。




新聞各紙 ・ メディア は
ルメール の 『 神騎乗 』 を
褒め称えてるけど、オイラ は真逆




画像

今年の ダービー 馬になった
レイデオロ

スタート から超絶 スロー の流れを
嫌い、2 コーナー から先団まで
ポジション を上げるための急加速。

普通ならやらない。 どんなに スロー
でも。 ましてや ダービー の檜舞台
なら絶対しない。


画像

そんな事をしたら、最後の直線
坂の途中で脚を無くす危険が大きい

それは レイデオロ と同じ タイミング で
上がって行った ペルシアンナイト が
証明している

騎手も 「最後脚が上がった」 と
コメント している




画像

単純に、レイデオロ が強かったのか
というと、それは違う。

この レース には功労者がいる
逃げ馬の マイスタイル だ。

超絶 スロー の立役者。 
騎手の典さんは スタート から ハナ を
主張し、逃げ切りを考えての ペース
配分を守っていた



画像

武騎手に 「消極的 」 と批判された
トラスト
消極的ではなく、逃げ切りの難しさを
知るから 「番手」 に控えただけ。

ただ、ここまで遅くなるのは予想外
だっただけだ。





画像

レイデオロ が先頭まで上がったのに
典さんは慌てなかった。

馬も怯んで加速しなかったのは、
典さんが上手になだめて ペース を
守らせたから。

これに舌打ちしたのは武さん
だったかも。

ルメール が レース を壊しに
行ったのに ペース が上がらない


画像

それは アルアイン も同じ

二冠がかかっているので無謀な レース は
出来ない。 が、本来なら先を行く馬に
「 鈴を付け」 に行くのは皐月賞馬

しかし ペース が遅すぎて仕掛け の
タイミング が計れない

判断がついた時には時すでに遅し


画像

典さんが ルメール が来てもペース を上げな
かったため、前残りの レース になった。

レイデオロ が直線 バテ なかったのは
途中で加速 ⇒ 減速しても かからない
操縦のしやすい馬だったから。

東京巧者の スワーヴリチャード は不運
だった。


画像

外枠の アドミラブル

外を回ることを嫌い、直線だけに賭けた。

内容が一番良いのはこの馬だろう。
2 4 0 0 M を 3 連戦。 菊は間違いなく
この馬だと思う。








レイデオロ が、ルメール の奇襲を放って勝った ダービー 。 勝ったから良いが、これが ペルシアンナイト と
同じく惨敗していたら、批判の嵐だったにちがいない。

いくら超絶 スロー とは言え、大 レース、ましてや ダービー でそれを行うのは危険が大きすぎる。 
逃げ馬が レイデオロ の加速に驚いて、ペース を上げたら 2 頭とも共倒れになる。
それに馬も クセ がつく恐れがあるので、本来ならこんな戦法はしない。 
結果が悪ければ、騎手生命を無くす事になりかねない。

ルメール 騎手は、そんな日本の「 常識 」 に疎いから出来たんだと思う。


幸運だったのは、逃げてるのが セイウンスカイ ・ イングランディーレ で 長距離の逃げ切りを演じた事のある
典さんだったから。 後ろから突いても、慌てない騎手だったから。

運が良かったんだよ。 たしかに ダービー って昔から 「運の強い馬が勝つ 」 とは言われてるけどね。



ただ、見ているこちらは ハラハラ していたことは確か。

勝ったからいいけど、あまり褒められた事ではないと思うし、褒めすぎるのもどうかと思うよ。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダービー が終わった 【 雑感 】 風 遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる