コンクリートレボルティオ # 3

羽田空港で爆弾事件が発生した。 このところ世間を騒がせている、連続企業爆破の犯人の仕業か。 刑事の柴来人は、テレビ の報道の画面の中に超人課の面々を見つける。



コンクリートレボルティオ 公式 サイト


※最初におことわり
自分の感想は アニメ の技術面の レビュー が主ですが、アニメ が P C 処理になる前に アニメーター を退いてますので経験者、現役から見ると、 ヌルイ・痛い 感想になってます。 ご注意を。




1話 ・ 2話を見て 『 キイハンター 』 を思い出した オッサン です ( ^ ^ ; A

また懐古趣味な作品が始まったなぁ・・・が最初の感想。 でもどんどん深みに嵌る自分がいます ( 笑
しかし昭和 4 0 年代なんてよく出そうと思ったよなぁ。 いや、リアル 世代ですよ オイラ はね。 ここまで チラホラ とその時代の流行とか出来事が散りばめられていて、ネタ 探しが楽しいけど今の 2 0 代は面白いと感じるんだろうか。 高度経済成長期なんて、もう知らない人の方が多いんでしょ。

どう評価されるんだろうね。 興味深いです。


ストーリー や ネタ 話はしません。 ここは技術 レビュー の場なので。 でも イタイ 感想だけどさ ( 笑

3話後半、合体した メガッシン V S 柴来人。 作画 ・ 動画、凄かったよね。 この原画さんは本当にこういう アクション が上手で頭が下がる。 キャラ の アクション も上手いけど エフェクト も面白い。

工事現場の プレハブ が爆発する瞬間、画面を白くして プレハブ の シルエット を描く。 これが クロッキー の木炭のような パステル のような ザラッ とした塗り方で面白い。 爆発の瞬間の光りを表現してるんだけど、こういう描き方だと目に直接 フラッシュ 浴びたような感じで ハッ とする。 普通、閃光を走らせたりして光りを作るけどね。 この後、画面は一瞬真っ黒になってから爆発の煙の エフェクト の動画になる。

爆発の煙が膨らんで、画面左側の煙だけが丸い フォルム に変わる。 これは爆風で空気の渦がここにあるから。 この中にもう メガッシン がいるわけですね。 これが次の カット の繋になる。

燃えて飛んでいく残骸とともに飛ぶ爆風。 飛びっぱなしもあれば バウンド するのもあり。 これ、カッコイイ なぁ。
爆風が パッ と弾けて メガッシン と来人。 このときの煙の切り方が円形。 この センス がいいなぁ。 モクモク させちゃうけどな、普通。

この後、二人の バトル 開始だけど キャラ に注目。 駆け寄る来人の足。 サッ と斜線にしてある。 同じように ふっ飛ばされた メガッシン の足も斜線で描かれている。 これがまるで動画の速度が上がったような効果を生んでいる。

ふっ飛ばした メガッシン を回り込みながら パンチ する来人。 たぶん シャドーボクシング する ボクサー を取材して動画作成してると思うけど、面白いのはその 『 手 』 の作画。

パンチ を繰り出す方の拳を描かなかったり ラフ で描いてみたり、反対に引く方の拳は きっちり描いたり。
出す方と引く方で正反対に描いてる。 恐らく実祭に目の前で シャドーボクシング を見た祭に、繰り出す方が目に止まらないと感じたからこういう作画になったんだと思う。

この カット、本当に面白いから コマ 送りで見てごらん。

感性とか センス がいいとか、よく言われるけど、この原画さんは基本的に 目 がいいんだと思う。 効果的な絵、自分が見た物の見え方、カッコ よく見える フォルム。 足の描き方といい拳の表現といい、自分の引き出しからどれを選ぶか、それが上手。

引き出しが多いのはいい事。 多いと選ぶのが難しくて・・・なんて人もいるけど本当に上手い人はその引き出しを一発で選択できる。 この方はそういう タイプ だね。

ホント、いい仕事を拝見しました。


ストーリー が未来に行ったり過去に戻ったりするのがこの作品の特徴だけど、話数が進むにつれ慣れた。

面白いよこの作品。 最後まで視聴します。






amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第1巻 (特装限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック