映像研には手を出すな ! # 1

芝浜高校 1 年の 浅草みどりは、好奇心旺盛で探検好きだが一人で行動ができず、人混みが苦手という欠点があった。 唯一の友人 金森さやかに アニメ への夢を語るが、彼女はさほど アニメ には興味がない。 高校の アニメ 研究会の上映会に、牛乳 4 本の 「 報酬 」 をつけ、ようやく一緒に見にいくのだが・・・・。


映像研に手をだすな! 公式 H P


今季の話題作。 しかも N H K ですな。 視聴した感想なんですが

とんでもない作画 アニメ だな !!


モブサイコ 以来だな、これだけ スタッフ が楽しそうに描く作品は。 さて、レビュー ですがその前に


※最初におことわり
自分の感想は アニメ の技術面の レビュー が主ですが、アニメ が P C 処理になる前に アニメーター を退いてますので経験者、現役から見ると、 ヌルイ・痛い 感想になってます。 ご注意を。



最近の アニメ って、1 話は丁寧に作るけど 2 話から グダグダ とか 、1 話から作画監督複数で画は キレイ だけど動画が疲弊してるのが多い。

この作品はそうい所がない。 逆に 1 話から全力疾走で楽しい。 最後までこの スピード が維持できるか心配になるほど。

とにかく作画担当の楽しさが全面に出て、見ている方が気持ちいい。

特に オープニング。 3 人の ウエストショット ( 腰から上が映る画 ) の踊り。 デフォルメ が楽しい。

この O P 、是非 コマ 送りで見てあげて下さい。 金森氏の 1枚目、コレ ですよ ( 笑



IMG_20200109_0001_NEW.jpg

模写してみました。 でも雰囲気変わるな。 スマン、へたくそで。

ただ模写して分かるんだけど、結構難しいよ。 線の感じとかさ。 まんま 「 クレヨン しんちゃん 」 だけど、この画が動画で生きてるんだよね。 アニメ で ブレ たような効果を見せる 「 オバケ 」という描き方があるけど、これはそれに近いね。 グニャ っとした線と デフォルメ が上手い具合に動線になって、動きを楽しくさせてる。 そこを計算しての デフォルメ。

金森氏、浅草氏の崩しっぷりは作画担当が楽しそうに描いてるね。 線の走りっぷりが ハンパ ないよ。 絵を描く人じゃないと分からないかな。 この感覚。

ただね、崩してるのは金森 ・ 浅草氏だけで水崎さんは崩してないんだよね。 これは キャラ の パーソナリティー の違いからかな。




デフォルメ だけではなく、人の日常動作も上手い。 「 自然に感じる 」 という感想を見たけど、こういう何気ない動作を丁寧に描いてるからだと思う。 重心移動とかね。

最近、ここまで丁寧に重心移動を動画に起こす アニメ がないね。 動画枚数が嵩むし時間がかかるというのもあるが、圧倒的に 「 描ける人間が減ってきた 」

重心移動って、基礎なんだよね。 その基本的なものを描ける人が減った。 動画に対する考え方が変わったからかな。
動きの追及とか探求とかする人、少なくなったと思う。 まぁ今、 アニメ の スケジュール が タイト すぎるからなぁ。 勉強する暇がないのかもしれない。

話を戻して・・・

重心移動を描いた、浅草氏があぐらをかきながら望遠鏡で校内を見る カット は、作者との インタビュー で出たから割愛して、

浅草氏の隣へゆっくり歩く金森氏の カット。 後ろ向きでゆらゆら揺れながら屋上の手すりに近づく動画。

こういう演技というのもあるが、足を出す際に キチン と軸足の方へ重心を乗せてから足を振り出している。

あたりまえに思えるかもしれないが、こういう手間のかかる動画を キチン と描ける人は本当に減った。 この後の浅草氏が カバン を背負う動きも、ここに上げてあるが、肩紐に腕を通す際、紐の方を見る動作を入れる。 ここ、顔を動かさずに簡単に腕を通す動画にしてもいいけど、「よっこいしょ」 と背負う時は肩紐見るよね。 普通。



IMG_20200109_0002_NEW.jpg


またもや へたな模写ですまん。

カバン が傾いてるから、肩紐の位置が分かりづらい。 だから確かめる。 こういう 「 普通の動作 」をキチン と入れるから自然な流れになる。 丁寧な仕事だよね。


本当にこの作品は丁寧。 基本ができているからだね。


水崎さんの使用人 ( ? ) との追いかけっこで、使用人が 滑り台になった階段から 滑って奈落に落ちる カット は、動線と タイミング が キレイ。

滑る時は画面奥に向かって スピード が落ち ( 寄せの動画 ) 、奈落に落ちる時は フワッ と浮いた感じで残しつつ落とす ( タメ の動画 ) 。
こういう寄せと タメ の動画も アニメ の基本の一つ。 キレイ な起動と タメ が効いてるから気持ちよく動くし笑いも取れる。

描けるなぁ・・・と唸りました。



あちこち感想に出てたけど、宮崎作品の リスペクト が凄いね。

すでに解説で出てるけど、未来少年 コナン の動画は、映像を再 トレス してこの作品用に仕上げたとか。 いや、ご苦労様です。 トレス だと絵の雰囲気変わるから、合わせるの大変だったんじゃないかな。 ま、この スタッフ だから出きた事だと思うけどね。

後半の トンボメカ の飛行 シーン、一度落下してから上昇とか ラピュタ だけど、ここの シーン の タイミング ( ゲージ の取り方 ) は ラピュタ と違う。 完全に作画担当の感覚で動かせてます。 


妄想世界の水彩画 タッチ も何となく 宮崎 テイスト。 いやこれ ( 水彩画 タッチ ) 、P C 処理大変そうだな・・・よくは知らないけどさ。



毎回、こんな感じで行くんだろうか・・・汗出てくるわ ( 笑

スタッフ の皆様、がんばってください。 来週も見ます。











この記事へのコメント