テーマ:電脳コイル

電脳 コイル # 1 9

京子の電脳体を連れ去った イリーガル。 ヤサコ の家に突如として現れた古い空間。 次々と現れる イリーガル の群れから逃げ回る ヤサコ 達は、メガばあの部屋へと逃げ込むのだが・・・ 話がだんだん オカルト っぽくなっているけど、「学校の七不思議」のような 都市伝説が ベース だからね。 夏休みの怪談話を見ているみたいで面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電脳 コイル # 1 7

夏休みも残り僅か。 不思議な場所で ハラケン は 「声」を聞いた。 その 「声」を追って行くと、そこには横断歩道と鳥居の並ぶ階段が。 何かに気づいた ハラケン は、その鳥居に近づこうと横断歩道を渡ろうとする。 鳥、カ・ン・ペ・キ ・っ !!! いきなり スマン (^ ^ ;A いや、この方達、動物の動き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電脳 コイル # 16

夏休みもあとわずか。 宿題の追い込みにかかっていた ヤサコ と フミエ。 残るは自由研究だけだったが、肝心の ハラケン が頼りにならない。 早く自由研究を仕上げたい フミエ は、テレビ の怪奇現象の特集を丸写しにすれば・・・と、提案するが イサコ の秘密がひとつ、明かされる回でした。 イサコ の伯父が入院していた 回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電脳 コイル # 15

デパートの屋上で、妹の京子を見失った ヤサコ。 何気なく屋上から街並みを見ると、古い空間特有の霧が登っていた。 駅向こうはまだ調べていなかった事に気づいた ヤサコ は、一人で街の中に出るのだが。 相変わらず、女の子走りは絶品だな ( そこかよ ) この レビュー では何度も取り上げているけど、細かい仕草とか、髪や ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝手に お知らせ

「電脳コイル」のレビューの更新が                    パッタリと止まってますが                                      時期を完全に外してますし 再放送も始まったことなので   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電脳 コイル # 2 2

黒い オートマトン に追われ、神社へ逃げ込んだ イサコ だったが、管轄外であるはずの神社へ、その オートマトン は入ってきた。 絶体絶命の イサコ の元へ駆けつけたのは、彼女を探していた ヤサコ だった。 オートマトン の攻撃をかわしつつ、何とか家へと逃げ込んだ二人。 自分の兄がすでに故人であった事に ショック を受けていた イサコ は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電脳 コイル # 21

夏休みが終わり、新校舎で第一小と合同の新学期が始まった。 「電脳コイル現象」から脱した ハラケン だったが、未だに目を覚ます気配はない。 そんな ハラケン を心配しつつ登校した ヤサコ に、イサコ は 「心配ない」 と言うのだが・・・ 話が ラストスパート に入ってきた。 残り 5 話かぁ。 そう思うと寂しいけど、結末はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電脳 コイル # 20

家の中で、人型の イリーガル に襲われた ヤサコ と フミエ。 京子を助けたものの、家の四方八方から イリーガル が現れた。 やっとの思いで外に出たが、そこにも イリーガル が迫る。 しかし、その ヤサコ たちを助けたのは、おばちゃん こと 玉子だった。 いよいよ核心に入ってきたね。 残り話数も少なくなってきたし。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電脳 コイル # 1 2

フミエ に 「敗北」した ダイチ。 これから先も頭が上がらないと悩むが、デンパ の単純な言葉で簡単に立ち直り、改めて イリーガル を探し始める。 だが、これといった収穫のない日々が続き、途方に暮れていた ダイチ に、ある 「変化」 が現れて・・・ 毎度毎度、作画が楽しいなぁ。 今回は特に、 京子 の作画が楽しそうだったね。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

電脳 コイル # 1 1

イサコ に 黒客を追い出された ダイチ は、イサコ に対抗するべく、メタバグ を集めようと デンパ と共に古い空間を探し始める。 イサコ が、イリーガル から メタバグ を取り出したように、自分も イリーガル を捕まえようとするのだが・・・。 いろいろあって、感想が遅れました(^ ^;) とりあえず、8 月 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電脳 コイル # 1 0

生物部合宿の夜、果し合いの最中に学校の中に入ってきた サッチー。 キラバグ 「みち子」 を取り入れた イサコ に攻撃するが、通じないどころか逆に イサコ によって 「破壊」 されてしまった。 この騒動によって、「果し合い」 の結果は ドロー に。 そして ダイチ は、大黒黒客を追い出されてしまった。 「都市伝説」、「み…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

電脳 コイル # 9

お祭の夜、神社に現れた イリーガル。 それは カンナ の電脳 ペット、クロエ の変わり果てた姿だった。 その クロエ から 赤い メタバグ を託された ハラケン は、そこに カンナ の事故との関連がないかを調べるのだが。 楽しいなぁ~~~(^∀^)~~~この アニメ は。 観ている方も楽しいと思うけど、描く側は、もっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

電脳 コイル # 8

一学期の終業式の日、遅刻しそうになった ハラケン を、叔母の玉子が バイク で送ってきた。 その玉子は、何故か終業式に出席。 不思議に思う フミエ だったが、ヤサコ の方は ハラケン が気になる様子。 そして、大黒市の夏祭りが始まる。 浴衣 キタ━━━ヽ(゜∀゜ )/━━━ッ !! 夏は浴衣です (^ ^ ;) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

電脳 コイル # 7

自由研究のため、「イリーガル」を探そうとする ヤサコ たち。 そんな中、メガバァ から 「召集」がかかった。 逃げた電脳 ペット を探してほしいという、「電脳探偵局」 への依頼だった。 毎回勉強になります、この アニメ (^ ^ ゞ D V D 出たら、自分で原動画おこしてみようかな。 あ、でも絵の方はいいとして、コ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

電脳 コイル # 6

サッチー は、 ハラケン の ペット だった。 その事を知った ヤサコ と フミエ は、ハラケン の正体を掴むべく、本人に直接問いただすのだが・・・。 あちこち覗いてみたけど、電脳世界の設定についての アラ 探し的感想が多いね。 メタバグ がどうの、フォーマット がこうの・・・と、そういう意見が多い。 自分は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

電脳 コイル # 5

「戦争」で、多大な 「損失」を出してしまった ダイチ たち。 この街のどこかにある メタバグ の鉱脈のありかを見つけようとするのだが、フミエ たちも知っていそうにない。 行き詰っていた ダイチ たちに、「鉱脈のありかを知っている」 と声をかけたのは、イサコ だった。 ホント に楽しいなぁ~~。 この動画は (^ ^ ) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電脳 コイル # 4

ヤサコ 達の クラス にやってきた、もう一人の転校生。 天沢勇子。 それは、昨日 デンスケ をさらっていった 女の子だった。 毎回、何をやってくれるのか楽しみな アニメ だなぁ ( 笑 とにかく、絵を見せるのが上手いよ。 屋上で一人、机や椅子の 「山」 に座って指揮を執る イサコ の図なんて、構図にしろ アイディア …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

電脳 コイル # 3

イリーガル に感染した デンスケ。 メガ婆の ワクチンソフト による「治療」が始まった。 イリーガル が デンスケ から分離するまで 1 日。 しかし、その間に現れたのは、デンスケ を捕まえようとする 「モジョ」 たちだった。 ストーリー よりも、動きに 「見惚れる」 アニメ だなぁ。(^ ^ ;) 原画がなかなかよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電脳 コイル # 2

デンスケ を救出した ヤサコ たち。 しかし、「異常」を察知した サッチー に見つかってしまった。 サッチー に 「攻撃」 されれば、電脳 メガネ が破壊されてしまう。 サッチー から逃れるために、ヤサコ と フミエ は路地へと走り出した。 いや、この 2 話も 「神」 だな (^ ^ ;) このまま行ったら、「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

電脳 コイル # 1

N H K ホームページ 電脳 コイル 電脳 コイル オフィシャルサイト 電脳 コイル ウィキぺディア 金沢から、大黒市に引越してきた小此木優子と妹の京子。 最新の電脳設備を持つ街に、到着早々 トラブル 発生。 電脳 ペット の デンスケ が行方不明に。 街でひょんな事から知り合った 「電脳探偵」 フミエ に、デン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more